博多人形のように色白の新生姜で美味しくて体温まで上げてくれるサッパリと

してハギレのいいがりを甘酢で漬けます。

ビジュアルも色合いも芸術的なはかまの部分は何色って?感じのキレイな色です。

がりの色出しにとても重要なんです、どちらの色も味は変わりませんが、
見た目は重要ですし。(黄色もピンクも好きです)

DSC02217
でもあの美味しいがりが簡単に作れます、

是非、正月用にタップリ作りましょう。



材料



1,新生姜

2,粗塩

,水(湯がくもの)

4,らっきょう酢


手順



1、デリケートですから優しく洗います。(美しい色は剥けないように)

2,包丁で半分にカット、落ち着かせてなるべく薄く切る。

3,熱湯で5分〜10分湯がく

4,ざるに揚げ、熱いうちに粗塩を満遍なく、モコミチする。(ふる)

5、粗熱がとれたら、熱さに十分注意して、塩をなじませて水分を絞りきる。

6,容器に入れてらっきょう酢を注いで冷蔵庫で保存する
DSC02216
美しいロゼ色に染まれば、ばっちグーでございます。

生でジンゲロール、解熱・解毒・殺菌
加熱してショウガオール、冷え性の改善・抹消血管を開く。
これは、納得これからも生姜を4649!

DSC02220
美味しくできました。

液体はロゼ色ですが、少し厚めの生姜はまばゆい黄金色です。

歯ごたえは格別です。(前回、ピンク色に仕上がったのは薄くスライスした成果だと思います)

今回は茹で汁を蜂蜜を入れていただきました、イチローさんのあれを飲んだときの感覚

滋養強壮間違いなし、この寒空に上着なしで外に、ゴミを置きにうっかり出てしまいました。

生姜湯はとても美味しいですが、ごくごく飲まないように、ゆっくりおのみください。

刺激が強いので。