昨年、たくさん花を咲かせて、楽しませてくれた、花たちが

畑いっぱいに、飛ばした種が、一気に芽を出しました。

それに、気付くタイミングで、芽に対する思いが、こんなにも違うものか

今年は、できるだけ、全部、咲かせてみよう。

思うのは、勝手だが、やるのは、私なので、

気がつくタイミングが、わるかったですね。

選抜大会が、終わったころに、気がつくべきでした。

ある程度の、見切りは、つけましたが、やり切りました。

配色も考えて、植えてますから、「うーどぅでしょう」

白と紫の、鮮やかな配色に、なると思います。

妥協せずに、かなり、追い込みました

今年は芽吹いた、ノースポールとビオラの子供たちは、

ほぼ植え替えることができました。

芽生え、ふたば、わかば、わかば、程のチビ助達を

根を、土ごと移動しながら、植え

ある程度の間を取りながら、植えられるように、育て
(この選別が、結構辛かった)
土にも栄養を、与えながら、土を耕してふわふわにしました。

植え替え可能になった苗を、柔らかい土に植える、

これを、何度か繰り返しながら、植えきりました。

ビオラは株が、大きくなるので、間が狭いですね。




苗ポットで、ご自由に、おもちくださいかな?


DSC02406

根も付き始めて、何輪か花も咲かせていたので、安心していました。

お花屋さんで買った苗で、

 ある程度の大きさまで、育てているものなので、霜は、葉が黒くなる程度で

今まで霜対策は、他の物はしても、ビオラは、したことありませんでした。

やっぱり、芽生えて何者かも、わからない頃から触れているので、

ちびっ子、の意識あったので、気をつけて観察していました。

それが、霜柱が立ち、苗の根が土から飛び出ていたので

大慌てで、全ての苗を、軽く押して埋め戻すような、作業をしました。


DSC02401

色は限られて、しまいますが、少し淡い期待はしていますが

白と紫のコントラストは、決定で黄色と、水色が出てくれたら、嬉しいです。

DSC01190
2021,6,の終盤の写真です。

これだけの花の種が、飛び散っているので、まだまだ、新しい芽は、出続けています。

今年は、ビオラの交配を、やってみようと、思っていますので、

来年の花で、とても可愛い模様と、色が、出来るかもしれませんね。


DSC01508


これで、全種類なので、ちょっと寂しですね。

沢山の花を、咲かせるためにも、大急ぎで霜対策をしました。

100円ショップ(セリア)で不織布の雑草防止用のシート(モスグリーン)

88cm、150cm、のサイズしか、ありませんでした。

26日から本格的に冬将軍が来るそうですから、みなさんも、御注意下さい。

春が待ちどうしいです。

冬至が過ぎれば、もう春に向かって、まっしぐらですね。


一陽来復、のお守りを貰いに行こうと思います。