生活全般に大活躍の<重曹>

毎日ユーチューブを、賑やかにしてくれています。

私的には、春の山菜のあく抜きとか、胃酸の出すぎを抑えるとか、焦げ付きを落すとか

そんな捉え方でしたが、炭酸水を、毎月箱買いする程のファンですが

ある日、脂っこいものを爆食いして、胸やけ防止に、ハンドメイドの強烈炭酸水を流し込み

たま、たま、お通じがあって(長期ご宿泊の便様御一行をすっきり)

その後確認のために、手作り炭酸水を飲んで、確信に変わったため

薬の副作用で毎日飲んでいた下剤の代替にならないか、再度確認して

効果テキメンだった事から、今では薬は服用せずに重曹とクエン酸を混ぜて

炭酸水をいただいております。
DSC02911


きっかけは、庭で山ほど採れるアップルミントで作ったミントウォーターと青じそで作った

紫蘇ジュース、これが始まりでした。
DSC02890

DSC02902

ロゼ色が紫蘇ジュースで、もう一つはジンジャーシロップです。

新ショウガで、ガリを造った際の副産物で、以前は捨てていましたが

今回は、ジンジャーエールを作ろうと思い甜菜糖を入れて,甘く仕上げました。

もう一つある飴色の物は、アップルミントを煮込んで抽出した

濃厚ミントエキスで、これも炭酸水の味付けに使えそうです。


DSC02882

DSC02894
DSC02891

ジンジャーエールは、一杯だけ味わって冷凍保存、紫蘇ジュースも冷凍保存

現在もカッチカチに冷凍継続中、ミントエキスはまだ飲んでいませんが。

ガリも美味しそうでしょう、ロゼ色も、新ショウガのはかまの、ピンク色の部分を入れないと

良く発色しません、お好みはありますが。(黄色派、ロゼ派)



それ以来,食品添加のクエン酸と重曹は、多めにパントリーの中に鎮座しております。



ここまでのレシピをご紹介いたします。

<アップルミントウォーター>

・生のアップルミント    20枚

・ミネラルウオーター    500ml  ペットボトルに入れるだけ。

<紫蘇ジュース>

・あおじそ         50枚

・水道水          1000ml

・クエン酸         25g

・砂糖           250g 水を沸騰させて紫蘇を15分煮出し,粗熱をとり

よく濾していただきます、弱火で再沸騰させて砂糖を加えてよく溶かして粗熱を取り

クエン酸を入れよく混ぜて、冷ます。



<がり>

・新ショウガ        いっ根、に根、さん根!

・甘酢           適宜

・粗塩           適宜

汚れを落としてスライス(包丁で厚めにスライスすると存在感があって良いです)

20分湯でこぼして湯切りして、粗塩をふりもみこむ(熱いうちにやけどに注意して行う)

しっかり水分をしぼり出して。

さめてから、たっぷりの甘酢で漬け込む。(冷蔵庫で保存する)

余談ですが・・・(ふくらしこの件)

小学生の頃造った、ホットケーキも、薄力粉、砂糖、ミルク、重曹、メレンゲを立てて

フワフワのを作ってましたよ。(ホットケーキミックス粉は高嶺の花)

重曹の苦みは普通でしたが?!(火加減を覚えた記憶が) 



すっかり、生活の一部となった重曹、クエン酸ドリンク

進化が止まりません。

現在では、桃の炭酸水からエナジードリンクまで幅が広がり(リボD、などを2g)
DSC03232

味も格段に上がり炭酸も強化された感じです(強化は変ですが!)
DSC03234
この画像は氷がないことから進化前の画像です。


美味しい炭酸ドリンクの作り方



・重曹 ティースプーン1杯(2g)

・クエン酸 (2g)

・水
・氷 30g 水でOK(冷水) 180ml

・かき氷シロップ 桃(ピーチ)ティースプーン2杯



グラスに氷を入れて重曹、クエン酸、シロップ、水の順次、軽く攪拌、(二酸化炭素、

炭酸)が水に溶け込むまで1,2分待って美味しい桃の炭酸水の出来上がり!!

(冷たい水が、二酸化炭素がよく溶け込むそうです)



DSC03231
これは、イチゴとバニラの香りのお紅茶です。

サポニン(植物ポリフェノール)の働きで泡が立ちやすくなり(天然界面活性剤)
DSC03236

簡単な説明で言うと石鹸と同じ働き、まさしくBEERテイスト

ノンアルまでたどり着いてしまいました。

DSC03233
次は、お庭で取れたブルーベリーのりんご酢漬け

久しぶりに今、飲んでみましたが、色がきれいですが、りんご酢、そのままでもOK

さっぱりして嫌味もなくて美味しいです。お酢(6g)少なめ?

<お酢の効果効用>

お酢には胃酸の分泌を促す作用があり、さらに腸を刺激し

ぜん動運動を活発にするといわれています。



・酢酸は腸内の悪玉菌の増殖を抑える

・腸内環境を整える

・アミノ酸とクエン酸が疲労回復を速める

・酢酸には脂肪の蓄積を抑える

・食後の血糖値の上昇を緩やかにする


<重曹とお酢の注意して頂きたいこと>

スッキリ爽快ですが、(食塩の過剰摂取になりがちです)

好きな方は、すべてにお酢を入れたいぐらい(糖質の過剰摂取、ご注意を)

<クエン酸についての情報です>

浴室の鏡の付け置き磨き、お試しください(マスプロになっちゃうかも)!!?


見えすぎちゃって困るの~!?