さくらはトリミングはさせてくれるが

シャンプーのときは

素手ではいつも、流血騒ぎ

手袋なしでは挑めなかったシャンプートリミング

地雷を踏まなければナントカできたが





今日、妹こつぶちやんのトリミングをした

ちなみにこつぶは噛みません

DSC02695
DSC02346
DSC01481

DSC02177

安全です

さくらの若い頃はよく噛まれた

歯が鋭利なのでよく血が出た

「ピュッ」と

当時は賑やか大騒ぎ

2頭分だし

可愛い顔して凶暴だ!


簡単に2頭、シャンプートリミングを

こなせなくなってきた

私も無理が効かなくなった






DSC01728
いつも、いつも、傍で、くっいて離れなかった、真っ白で円な瞳の愛犬さくら

付かず離れずの15年11ヶ月、ずっと見つめ続けたさくら
DSC02137

お世話はすべて私、私とは依存関係?格好良く言えば <執事>でしょうか?

でも、”名犬らしく”、眠るときは必ず足元で眠っていたので
DSC02990

ベットの足元に、カゴにふわふわ毛布を設置、静かな寝息とかわいい寝顔!

私が物音をたてて起きれば、どんなときでも足元にスタンバイ

「トイレに行くね」しっかりとお声掛けをしてから、どんなときも

いつも一緒が当たり前!!
DSC01860


真夜中に苦しそうな息遣いを聞いて、何度か飛び起きたことがありました。


DSC01865

2021年7月21日心臓弁膜症と診断、投薬を開始(エースワーカー0,5)

時折咳き込んだりしましたが、何とか元気に過ごしておりましたが
1595591887568

咳が悪化して2023年4月20日に処方された咳止め

小さな体で、苦しそうにする姿を見ているのは、とてもつらいので

薬を貰う前までは、糀甘酒を飲ませると治まっていたので

でもそういう段階ではなさそうです、延々と続く咳にたまらず・・・


咳止めですから神経に作用するのか、興奮状態で、真夜中に大運動会

それも、元気なうちだけでしたが、とても良く効いたので・・・


そして、夜眠くなると寝室に向かいましょうと「ねぇ、ねぇ」とおねだり

それが、出来なくなったのが、6月24日でした

以来リビングで一緒にマッタリと楽しく過ごしました

決まって1時頃には苦しくなるようで、薬だったり、甘酒だったり

60分ぐらいでだいたい収まるので・・・

その頃からマナーウェアーを着用、嫌がることもなく受け入れてくれました
DSC03662
DSC03668

柔らかくしたご飯を、少しでも食べてくれていたのですが・・・

突然食が細くなり、市販の栄養食を薄めて注射器でお口に入れてあげるまでに

視覚も聴覚もなくなっていても、ずっとずっと見つめてくるんですよ
DSC03658

真っ黒なお目々で・・・


DSC02498



KIMG0009
DSC02691
DSC02498
DSC02203
DSC02173
DSC02081
DSC02080
DSC02059
DSC02040
DSC01982
DSC02020
DSC02018
アーユルヴェーダ後のさくら


DSC01710













DSC01168

ペットショップからの

初めて獣医の検診を終えて

壊れそうな雪玉を抱くように、初めてのお散歩

近所のドラッグストアーのベンチで休憩

あまりにも小さな命、我が子を超える責任を、感じた記憶が蘇ります。

DSC03676


やっぱり1頭だけだと楽すぎるよ

あなたは手がかかったからね

1頭だけ見ていると、いつもこんなに静かに寝ていたんだ

心配になるほど、あまり構われるのもやだよね、こつぶ!

最近散歩を始めたんだよ、さくら、うらやましくなっちゃうね!

まだグレーチングまでだけど、怖いみたいよ

本人は、素振りは見せないけど、くるって、何気なく方向変換

楽でいいんだけどね

んじゃ、また今度!

ありがとね、ちゃっく(さくらの愛称)