以前、手根管症候群の時は、親指、人差し指、中指のしびれ
DSC03581
DSC03580


今度は、まるで小指に正座でも、させたんか〜ぃ(痺れて感覚がありません)

みたいな感じで、3週間になるが、悪くなる一方です
DSC03550

金曜日に病院だったので、先生に相談するも、「内科の範疇ですね。」(軽くあしらわれた)

「まあ、そんなもんか」皆さん指曲がっとるし

週が開けて、また更にひどくなった、「諸々、検査のことも考えると、今日しかないな」

手指の担当医師が、月、木で更に神経生理の検査予約が、とてもこんでいるので
DSC03543

予約無しで、先生に直談判、診察してもらい、検査予約も取り付けてきました。

と、言うのも、肘部管症候群は、早期であれば、完全に近い状態までは、戻せるらしい
DSC02782
DSC02754



放置すると、あまりよろしくないらしく、そして

握力の減少が如実に出ているため、OP覚悟で、大学病院に突撃してきました。

手根管症候群のOP後、反対のみぎてが、酷くなり検査、安静にしていたためか、OPの段階ではないと

様子見になった経験も、ありますが、今回の、検査結果が楽しみです。
DSC03477

部分麻酔で、チョチョイのちょいで、現状復帰も、とても早いらしく、安心です。
(インターネット情報)

検査結果が出ました、なにかが、神経を遮断しているようです。

結構、大きく切開するようで、全身麻酔下での手術になるそうで、大事です(おおごと)

日帰りのつもりいましたが、何日か、お泊りすることになりそうです。

愛犬こつぶの、食事の面倒を見るために、娘にお世話になることになりました。

孫の顔が見れるので、傷も早目に癒えそう、一緒に石ころを集めて、遊びます。

それに備えて、お庭片付けも完了済みです。
DSC03846


こつぶが、ヤキモチ焼いちゃって!

DSC03848
耕した花壇の中も、縦横無尽に突き進み、靴が泥だらけ

汚れを乾燥させて、ブラシでゴシゴシ

お出かけの間に靴磨き



DSC03859
DSC03858

これが、今回の手術の様子です

流石です、上手に切るものです